FC2ブログ

煩悩に明け暮れるブログ

ブログっていうか個人的なメモです・・・

【Classic taste】











base SURLY Cross-Check





















数年前に自転車の事などよく分からない人が組んだ一台。





















あくまでも〝テイスト〟というだけでフレームからパーツに至るまで全て現行品。
約1ヶ月間、書籍を読んだり仕事以外は引きこもり気味だったと。




















最初から『TOEI』や『ノートン』のフレームをオーダーする勇気はなく、
所謂〝潰し〟が効くモノ。
適合するパーツのスペック情報の多いモノを選んだようです。





















カスタムが終わって分かった事だけどやはりフレームが太い。
cyclo-cross用だけに当たり前なのですが。





















フォークの間のスペースは広めにとってあり太めのタイヤに履き替える事も可能。





















元の車体はこんな感じ。
日本に限らずフランスやアメリカでもリアルな自転車乗りは実用的な一台がメジャーだと思います。
現行のシルバーパーツは選択肢が狭い。





















快適さとメンテナンスのしやすさでシフト関連は世界のシマノにしたかったのだがシルバーパーツのは『105』シリーズしかなかったと記憶。
私にはオーバースペック気味だが、今までの自転車では考えられないスムーズなシフトチェンジを実感。





















ブレーキ類はカンパニャーロのカンチブレーキ。とても美しい。





















ベロオレンジ。
こいつを取り付けるためだけに様々な工具が必要になったという・・・。
今は工具箱開けると何に使うのか分からない謎の器具が多数。





















木村製作所のLEDライト。
意外と光量があるけどデリケート。
近所にはこういったアイテムを取り扱うお店があったのだが今年の初めに移転してしまった。
クラシックテイスト好きというのはどこの国もマイノリティなのでしょう。





















バッグはご近所でオーダーしたもの。




















通勤では全く使いませんが、
今年の夏はより気軽に乗れるように〝街乗りコミューター化〟を実施。





















アップライズなポジションになったおかげで服装の幅が広がるだろう。





















グリップはまだ検討中(笑)





















アップライズになったおかげでお尻にかかる体重も増加。
この『お連れさん』のようなB17のように安定感のあるサドルに変えたいところ。
今のサドルのエイジングが気に入ってるのだが。







まぁノンビリやっていくとします。








Post comment

管理者にだけ表示を許可する